トップページ »  » 「ペット火葬」で一緒に燃やせるもの

「ペット火葬」で一緒に燃やせるもの

【「ペット 火葬」で一緒に燃やせるもの】
人が亡くなったとき、その人が身につけていたものや大切にしていたものをお棺に入れて火葬することが多いと思いますが、「ペット 火葬」でも同様のことが出来ます。
ただし、火葬という性質上、一緒に「ペット 火葬」してはいけないものというものがあるので気をつけましょう。

まず、燃やしていいのは洋服やタオルなどの布製のもの。
食べ物。玩具、花などです。

でも、これらのものでも、素材によっては燃やしてはいけないものがあるので、原材料をしっかりとチェックしておく必要があります。
洋服やタオルなどの場合、化学繊維の製品は燃やしてはいけません。
そういったものは、黒煙やダイオキシンの原因となります。
それから食べ物でも缶詰であったり、プラスチックの玩具だと、熔けて変色したり炉にくっついたりしてしまいます。また、玩具の中でも犬だとボールをよく使っていたからと言って燃やしてしまうと中の空気が膨張して破裂してしまいます。最悪の場合事故を引き起こすので注意です。
亡き骸を保存するためにドライアイスを使用しているときも、火葬の温度が下がってしまうと同時に黒煙の原因となるので取り除きましょう。

もし、何か一緒に「ペット 火葬」したい場合には、担当者に確認をしてから入れるのが安全です。