トップページ »  » 「ペット火葬」は集団火葬か個別火葬か

「ペット火葬」は集団火葬か個別火葬か

【「ペット 火葬」は集団火葬か個別火葬か】
火葬場で「ペット 火葬」を依頼するとき、料金設定で集団火葬と個別火葬があることも。
料金で言うと手段火葬のほうが安いので、魅力的に見えるのですが、そもそも集団火葬というのは、同じように複数の人のペットをまとめて「ペット 火葬」を行なうというもの。
対して個別火葬は他のペットと混ざることなく自分のペットだけを火葬できるというもの。

ペット 火葬」してしまえば、たとえ犬と猫、鳥など違う動物であったとしても、真っ白い骨になって破片状態です。その状態で、どの骨が自分のものかということを区別することはほぼ不可能です。
霊園や火葬業者であっても同様ですから、必然的にこの場合は一緒のお墓に納められることになります。

とにかく弔うことが第一と考えているのであれば、集団火葬でもまったく問題はないでしょう。お墓は他のペットがいるとはいえ、誰かの大事なペットなわけですから、一緒に眠っていると考えればいいだけです。
でも、思い出が深い。愛着のあるペットであるならば、料金がかかっても個別火葬を選択するほうが良いでしょう。さらに個別火葬でも火葬の作業を業者任せにするか、家族で立ち会うのかという選択肢も出てきます。